子どもと遊べる公園 in 神奈川

神奈川を中心におすすめの公園を紹介していきます

大和市「大和ゆとりの森」

カラフルな複合遊具が並ぶちびっ子向けの公園

f:id:dannyabado:20170106135434j:plain

公園「大和ゆとりの森」は、大和市と綾瀬市の境にあります。厚木の米軍基地の近くで、豊富な遊具とスポーツ広場があります。

「わんぱく広場」は幼い子供用と、小学校低学年まで楽しめそうな遊具広場の2エリアがあり、幼い子供用広場の近くに砂場がありました。

遊具広場は地面がふわふわしていて転んでも痛くありません。滑り台がたくさんあり、子供は大喜び。ボリュームのある複合遊具が並んでおり、多くの子供が集まっているので我が子を見失いそうになります。迷子の放送を聞いたことがあるし、公園のすぐ横に道路があるので、注意が必要だと思いました。

靴を脱いでジャンプする「ふわふわドーム」は入れ替え制で一定の人数しか入れないようになっています。休日は待っている人が結構いました。ターザンロープもありました。

f:id:dannyabado:20170106162754j:plain

 


珍しいのは自転車練習スペースの多目的リンクがあること。そのため、多目的リンク以外での自転車やストライダーの乗り入れは禁止されています。しかし多目的リンク、地図で確認してもどこにあるんだ? と分からなくなるほど地味で目立ちません。探してうろうろしてしまいました。それほど広くありません。自転車ではなくスケボーの練習している人もいました。

わんぱく広場を見下ろす高台にバーベキューができる場所があります。芝生広場になっていてテントを張る人もたくさんいます。高台の近くに管理棟があります。

 

この公園のいいところの一つに、公園と駐車場が近いことがあります。道路を挟んで駐車場と公園があるので、荷物を取りに行きたいときに便利です。バーベキューをする人は荷物を持って往復しても苦にならなそう。
ただし、駐車場は有料です。周りにコンビニやファミレスは見当たらないので、買い物を済ませてから向かいましょう。公園内にジュースやアイスの自販機はありました。
最寄りの駐車場が満車の場合、少し離れたところにある広場を案内されます。そこも有料でした。

複合遊具が豊富だし、広場ではストライダーなどを入れられないため、よちよち歩きの子や未就園児を連れていくのにおすすめです。

 

ここに注意!

わんぱく広場には日陰がありません。木がないため日差しを直に受けます。春や秋はいいけれど、真夏は熱中症対策が必須です。日陰のあるベンチはすぐに埋まり、荷物で席取りされて座れません。木陰がほどよくあるといいんだけどな、と思いました。

 

公式サイト

大和ゆとりの森

 

マップ